マイティーBlog|リスティング広告やWEBマーケティング情報

トップページ ブログ > デザイン > XDの注意点!画像書き出し「2x」指定で画像サイズが半分になってしまう

Mighty Ace Blog

マイティーBlog

デザイン

2021.09.30

XDの注意点!画像書き出し「2x」指定で画像サイズが半分になってしまう

AdobeXDで画像を書き出す際に、「書き出し設定」で「Web」を選択すると「デザイン倍率」から「1x」「2x」を選択できます。

この「1x」「2x」はXDでデザインしているアートボードを等倍(1x)で作成しているか、Ratinaを念頭に2倍サイズで作成しているかの指定になります。

XDのアートボードは基本的に等倍なので「1x」を選択して書き出します。

 

間違いやすい点

Ratina対応なので「2x」と思って選択すると、「1x」用の画像が実際に使用するサイズの半分で書き出されてしまうので注意です。

 

例)幅200px 高さ200pxの画像を書き出した場合

デザイン倍率:1x を選択

◇形式:PNG 書き出し設定:Web デザイン倍率:1x(通常モニタを基準に等倍でデザインを作成している場合)

 

通常モニタ用画像

〇〇.png:幅200px 高さ200px で書き出される

 

Retinaモニタ用画像

〇〇@2x.png:幅400px 高さ400px で書き出される
(スマホ用画像はRetina対応させるため2倍サイズで書き出される)

 

デザイン倍率:2x を選択

◇形式:PNG 書き出し設定:Web デザイン倍率:2x(Retinaモニタを基準に2倍サイズでデザインを作成している場合)

 

通常モニタ用画像

〇〇.png:幅100px 高さ100px で書き出される
(通常モニタ用画像はRetinaサイズの半分で書き出される)

 

Retinaモニタ用画像

〇〇@2x.png:幅200px 高さ200px で書き出される

 

まとめ

書き出した画像がなんか変と感じたら、設定を見直してみよう!

この記事に関連するタグ

正しい効果測定は、正しい計測設定から!Googleアナリティクス設定項目チェックシート(無料)

正しい効果測定は、正しい計測設定から!Googleアナリティクス設定項目チェックシート(無料)

Googleアナリティクスは、適切な初期設定を行って初めて、解析に役立つデータを計測できます。 正しい効果測定を行う上で、必要な設定項目のチェックシートをご用意しました。

Googleアナリティクス,アクセス解析でWeb集客分析・改善なら福岡のマイティーエース

リスティング・Googleアナリティクス・ホームページ・ランディングページなど
Webマーケティングのことなら何でもご相談ください

株式会社マイティーエースでは、様々なWeb広告・Webマーケティングなど
お客様に合ったご提案しています。
興味をお持ちいただけた方は、まずは気軽にご相談ください。

あわせて読みたい人気の記事

よく見られている記事

最新記事

BLOG MENU

株式会社マイティーエースのSNSもチェックしてみてください

Copyright (c)2014-2020 MightyAce, inc. All Right Reserved.