マイティーBlog|リスティング広告やWEBマーケティング情報

トップページ ブログ > インフィード広告 > 記事LP配信に最適!Yahoo!コンテンツディスカバリー(YCD)の2つのメリットと効果事例

Mighty Ace Blog

マイティーBlog

インフィード広告

2017.11.10

記事LP配信に最適!Yahoo!コンテンツディスカバリー(YCD)の2つのメリットと効果事例

Share on Facebook2Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

最近、広告主様からこんな声をよく聞きます。

 

そこで、これからコンテンツマーケティングの主流になるであろう、「Yahoo!コンテンツディスカバリー」についてご紹介したいと思います。

 

Yahoo!コンテンツディスカバリーとは?

Yahoo!コンテンツディスカバリーはメディアサイトの記事や動画といったコンテンツを、最適なユーザーに届けることができるコンテンツレコメンドソリューションです。

記事を読み終えた後に表示されるYahoo!コンテンツディスカバリーの「レコメンドモジュール」(おすすめリンク)から、メディアやデバイスごとに最適化されたUIでユーザーにコンテンツを届けることができます。

引用元:Yahoo!JAPAN

簡単に言うと、Yahoo!ニュースの記事を読んでいる(=記事を読むマインドが高い)ユーザーに、広告を配信してくれます!記事型LPへ遷移させることで、ニーズの顕在化していないユーザーのモチベーションを上げ、購買に繋げることができます。

 

Yahoo!コンテンツディスカバリーの基本ルール

Yahoo!ニュースの下に広告を出せるならやってみたい!配信ボリュームも多そう!と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、ここに出稿するにはいくつかのルールを守る必要があります。

画像は、Yahoo!コンテンツディスカバリーの管理画面です。「Yahoo!ニュース配信表示」という項目があり、ここにはA~Cのアルファベットが表示されます。

このアルファベットは、各キャンペーンのYahoo!ニュースにおける配信ボリュームを指します。

 

【各アルファベットの意味】

このような基準があり、もちろんAランクを獲得することで、Yahoo!ニュースすべてに配信が出来、パフォーマンスも最大限引き出されることになります。

 

Aランクを獲得する方法は?

Yahoo!コンテンツディスカバリーに出稿するには、大きく3つの審査をクリアする必要があります。

以上の審査基準をクリアして初めて、Yahoo!ニュースのすべてに配信をすることが出来ます!他媒体に掲載していた記事をそのまま流用しても、ほぼ審査に通ることはありません。

 

また、Yahoo!コンテンツディスカバリーは、広告代理店経由でのみ出稿可能となるため、中でもYahoo!コンテンツディスカバリーの運用に精通した広告代理店に依頼することをおすすめします。

 

Yahoo!コンテンツディスカバリーの2つのメリット

Yahoo!コンテンツディスカバリーへの出稿には、大きく2つのメリットがあります。

 

YDNなどの従来メディアではリーチできないユーザーを獲得することができる。

あくまでコンテンツであり、ユーザーからはコンテンツの1つと見なされるため、広告嫌いのユーザーへのアプローチも可能になります。

また、通常のYDNではYahoo!ニュースへの配信は出来ないため、新しい顧客を開拓できる可能性があります。

 

低クリック単価での配信が可能

商品・サービスカテゴリごとの参考数値をご紹介します。

 

カテゴリ:化粧品

最低CPC:7円

平均CPC:11円

 

カテゴリ:食品、飲料

最低CPC:7円

平均CPC:15円

 

カテゴリ:医療福祉サービス

最低CPC:10円

平均CPC:28円

 

カテゴリ:美容健康サービス・用品

最低CPC;8円

平均CPC:16円

 

※上記はあくまで参考事例であり、数値を保証するものではありません。

 

Yahoo!コンテンツディスカバリーとYDNの効果比較

≪参考事例≫

 

YDNとYCDでの効果を比べると、クリック率は2倍、平均クリック単価は-3円、CPA-6,000円と、YDNよりも良い結果が出ました。

もちろん、配信ターゲットや広告クリエイティブ、記事のクオリティで数値は前後しますが、出来る限りターゲットに自社商品を知ってもらい、購入に結び付けたい場合などには効果的かもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

新規顧客獲得を増やしていきたい方や現在の広告配信に限界を感じている方にとっては、魅力的なマーケティング手法だと思います。ぜひご検討ください!

 

YCDへの出稿の相談はこちら

この記事に関連するタグ

Googleアナリティクス,アクセス解析でWeb集客分析・改善なら福岡のマイティーエース

リスティング・Googleアナリティクス・ホームページ・ランディングページなど
Webマーケティングのことなら何でもご相談ください

株式会社マイティーエスでは、様々なWeb広告・Webマーケティングなど
お客様に合ったご提案しています。
興味をお持ちいただけた方は、まずは気軽にご相談ください。

あわせて読みたい人気の記事

一覧に戻る

最新記事

Googleアナリティクス

2017.12.13

【広告画像サイズ・文字数まとめ】Facebook・Instagram・Twitter・LINE Ad Platform広告

SNS広告配信に必要な画像、文字数をまとめました。広告入稿の参考にお使いください!※仕様変更があり次第、随時更新していきます。 画像サイズ一覧画像サイズ以外に、ファイル容量にも制限があるので...

Googleアナリティクス

2017.12.13

ECサイト運営者必見!Googleショッピング広告のメリット

突然ですが、Google AdWordsのショッピング広告を使っていらっしゃいますか?特に通販事業主であれば「やらない理由が見つからない!」というぐらい効果的な広告手法なんです。 Googl...

BLOG MENU

株式会社マイティーエースのSNSもチェックしてみてください

Copyright (c)2014-2017 MightyAce, inc. All Right Reserved.