マイティーBlog|リスティング広告やWEBマーケティング情報

トップページ ブログ > お役立ち > 動画広告の可能性を探る!Instagramストーリーズの傾向について

Mighty Ace Blog

マイティーBlog

お役立ち

2020.06.25

動画広告の可能性を探る!Instagramストーリーズの傾向について

日頃から、Instagramのヘビーユーザー(ROM専)な私ですが、

最近の傾向について気づいた点があるので紹介しようと思います。

 

2015年5月から日本でも導入されたInstagram広告ですが、

ここ最近(おそらく2018年夏ごろから)広告の割合が増え、フィード・ストーリーズともに多い時は3~4回に1回の割合で広告が出てくるようになりました。

 

広告が出る場所は、大きく分けて2点。

 

フィード(タイムライン)

フィード面では、<詳しくはこちら>などのボタンが付き、記事中ではURLを記載してもリンクはできません。

ボタンが付くことで、広告感が強くなることと、

プライベート感のある画像の中に商品が入ったものがマッチしずらく、自然に溶け込んだ広告を見ることは少なく感じます。

 

ストーリーズ

ストーリーズとは、通常のフィードとは別に写真や動画の投稿・LIVE配信が行える機能です。

通常24時間位以内に自動的に削除され、静止画の他に3秒~15秒の動画ができるので

フィードよりも気軽に、日常的な投稿が多いのが特徴です。

ストーリーズの広告面は

左上のアカウント名の下に小さく「広告」と表示されていることと、

下部に<詳しくはこちら>と表示され、上にスワイプすることでリンク先に飛ぶことができます。

 

ストーリーズは触らなくても再生が終われば自然と次の投稿に移るので

フィード面より溶け込みやすく、広告のボタンも分かりづらくなっています。

 

そんなストーリーズ、手が空いた時になんとなく見てしまうことも多く、何かしながら流しておくユーザーも増えています。

また、左右にタップするだけで次の画像に移動してしまうので、

狙ったユーザーの興味を引き付けるクリエイティブが必要になってきます。

 

よく見かけるのは

画像に簡易的に文字が入っているタイプですが、

長いと「続きを表示する」と出てくるのと

ストーリーズと言えど、こだわったユーザーが多いので、他の投稿と違和感を感じることが多いです。

 

同じ形式でも、画像のオシャレ感が高いものは思わず目に留まります。

フォーマット通りだとユーザーの興味を引き付けられず、

ハイクオリティすぎるとCM感覚で見てしまいます。

 

今後動画の需要が増え、youtube広告なども注目されていますが、

まだまだ熱く、新機能が次々追加されているInstagramでも、動画を使って反応を高めていけると思います。

動画広告はやってみたいけど、なかなか手が出ない、簡単に作れるものが良いといった時や

動画広告の追加で提案できるように、可能性を追求していきたいと思います!!

この記事に関連するタグ

正しい効果測定は、正しい計測設定から!Googleアナリティクス設定項目チェックシート(無料)

正しい効果測定は、正しい計測設定から!Googleアナリティクス設定項目チェックシート(無料)

Googleアナリティクスは、適切な初期設定を行って初めて、解析に役立つデータを計測できます。 正しい効果測定を行う上で、必要な設定項目のチェックシートをご用意しました。

Googleアナリティクス,アクセス解析でWeb集客分析・改善なら福岡のマイティーエース

リスティング・Googleアナリティクス・ホームページ・ランディングページなど
Webマーケティングのことなら何でもご相談ください

株式会社マイティーエースでは、様々なWeb広告・Webマーケティングなど
お客様に合ったご提案しています。
興味をお持ちいただけた方は、まずは気軽にご相談ください。

あわせて読みたい人気の記事

よく見られている記事

最新記事

BLOG MENU

株式会社マイティーエースのSNSもチェックしてみてください

Copyright (c)2014-2020 MightyAce, inc. All Right Reserved.