マイティーBlog|リスティング広告やWEBマーケティング情報

トップページ ブログ > タグマネージャ > Googleタグマネージャ(GTM)で、文字列をトリガーにタグを発火する方法

Mighty Ace Blog

マイティーBlog

タグマネージャ

2017.07.20

Googleタグマネージャ(GTM)で、文字列をトリガーにタグを発火する方法

広告の運用をしていると、広告用のコンバージョンタグをサンクスページに貼る・貼ってもらうという作業がよく発生します。コンバージョンタグの数が増えてくると、タグマネージャーでの管理が圧倒的に楽なんですが…

たまに困るのが、コンバージョンタグを発火させるトリガー設定がURL指定では行えない時

 

現場向けメモも兼ねて、Googleタグマネージャ(GTM)でのURL指定以外のトリガー設定方法を記載しておきます。

 

こんな時に使います

例えば以下のように、入力フォーム・確認ページ・サンクスページまでURLが全く同じ場合。

入力フォーム :http://www.mightyace.co.jp/form/
確認ページ  :http://www.mightyace.co.jp/form/
サンクスページ:http://www.mightyace.co.jp/form/

URL指定のトリガーでは、入力フォーム・確認ページでもタグが発火してしまい、正しいコンバージョン計測ができません。

 

どうすればいいか

要するに「サンクスページである」と認識できるトリガーであればいいので、URL以外にサンクスページを認識する方法を考えます。

一番手軽だなと思っているのが、サンクスページにのみ表示される文字列をトリガーにして発火させること。URLではなく、ページ内のHTML要素の違いを条件にする、という考え方です。

例えば、サンクスページにのみ存在する「お問い合わせ頂きありがとうございます」の文字が表示されている場合に発火、という感じです。

他にも、フォームの送信ボタンクリックを検知してコンバージョンとする、という方法もありますが今回は割愛。

 

設定手順

既に全ページにGTM設置が完了しているとして、以下の手順で作業を進めていきます。

  1. WebサイトのHTML確認
  2. GTM設定(変数・トリガー・タグ)
  3. GTM動作確認
  4. GTMタグ公開

 

WebサイトのHTML確認

今回は例として、計測したいページのHTMLに以下のような記述があった場合の設定方法を説明します。

html例

GTMでは、HTMLのidやCSSセレクタを取得し、変数を作ることができます。作成した変数と文字列が一致した場合、というトリガーを作成します。

今回であれば

  • id=company以下の要素に「2011年4月27日」という文字列を含む場合
  • tableタグ・tbodyタグ内に「2011年4月27日」という文字列を含む場合

のいずれも条件として指定できます。

注意点は「他のページにも同様の要素+テキストがあり、誤って発火しないようにする事」です。なので、上記のどちらの条件でも構いませんが、必ず計測したいページだけが条件に一致するよう設計しましょう。

 

理想は、計測ページ内のHTMLを編集し、特定のid属性を指定する文字列を含む要素(pとかdivタグ)に付与することです。そうしておけば、仮に同じ文字列が他のページに存在したとしても、idが不一致となり、発火せずに済みます。

 

GTM設定

GTMに慣れた方には当たり前の手順ですが

  1. 変数を作成
  2. トリガーを作成
  3. タグを作成

の3つの作業を行います。

 

ID・またはCSSセレクタを指定する変数を作成

変数作成手順

GTMにログインし、変数->ユーザー定義変数->新規をクリック

 

DOM要素

変数タイプを選択->DOM要素を選択

 

変数の設定

DOM要素の変数設定の場合、選択方法は「ID」「CSSセレクタ」の2種類になります。前述の通り、id属性を条件にしたければ「ID」を、その他のHTMLタグを条件にする場合は「CSSセレクタ」を選択方法として選びます。

IDの場合は「要素ID」と「属性名」、CSSセレクタの場合は「要素セレクタ」と「属性名」を指定可能です。「属性名」を空欄にしておくことで、トリガーでテキストを条件に指定できます。

 

設定例

・id指定

GTM_ID指定

 選択方法:ID 要素ID:company(IDの値) 属性名:空欄

 

・CSSセレクタ指定

table要素

選択方法:CSSセレクタ 要素セレクタ:table(指定したい文字列が含まれるタグ) 属性名:空欄

 

変数=文字列を条件としたトリガーを作成

トリガーのタイプを選択

トリガー->新規->トリガーのタイプ:ページビューを選択

 

トリガーの設定

作成した変数を条件に、対象の文字列を入力。マッチタイプを含む・等しい・先頭一致等から適切なものを指定します。

また、他のページで発火しないようPage Pathも対象ページにしておくことをおすすめします。

 

変数:table要素(作成した変数)

マッチタイプ:適切なもの

条件:2011年4月27日(サンクスページに存在する文字列)

 

変数:Page Path

マッチタイプ:適切なもの

条件:/company/(CVタグを発火させたいページパス)

 

作成したトリガーで動作するタグを作成

タグタイプを選択

タグ->新規->タグタイプ:広告メニューを選択。

通常と同様に、Google AdWordsであればAdWordsコンバージョントラッキング・メニューになければカスタムHTMLで貼り付けます。

 

タグの設定

通常通りタグを設定し、トリガーに今回作成したものを選択。 これで一通りの設定は完了です。

 

GTM動作確認

GTMのプレビューモードで、タグが計測ページのみで発火しているかを確認します。 プレビューモード

ページ右上の「プレビュー」をクリックし、プレビューモードをオンにします。

プレビューモード中にタグやトリガーに変更を加えた場合は、反映するために「更新」をクリックするのを忘れないようにしましょう。

 

プレビューモード 計測したいページへアクセスし、プレビュー画面で作成したタグが発火しているかを確認。 更に、他のページでは発火していないかを確認します。

 

GTMタグ公開

送信

必ずプレビューを終えたら「送信」(以前は「公開」と書かれたボタンでした)をクリックし、タグを公開しておきましょう。

動作したことに満足して、たまに忘れそうになるのでご注意を。。。

この記事に関連するタグ

正しい効果測定は、正しい計測設定から!Googleアナリティクス設定項目チェックシート(無料)

正しい効果測定は、正しい計測設定から!Googleアナリティクス設定項目チェックシート(無料)

Googleアナリティクスは、適切な初期設定を行って初めて、解析に役立つデータを計測できます。 正しい効果測定を行う上で、必要な設定項目のチェックシートをご用意しました。

Googleアナリティクス,アクセス解析でWeb集客分析・改善なら福岡のマイティーエース

リスティング・Googleアナリティクス・ホームページ・ランディングページなど
Webマーケティングのことなら何でもご相談ください

株式会社マイティーエースでは、様々なWeb広告・Webマーケティングなど
お客様に合ったご提案しています。
興味をお持ちいただけた方は、まずは気軽にご相談ください。

あわせて読みたい人気の記事

最新記事

BLOG MENU

株式会社マイティーエースのSNSもチェックしてみてください

Copyright (c)2014-2018 MightyAce, inc. All Right Reserved.