マイティーBlog|リスティング広告やWEBマーケティング情報

トップページ ブログ > 対策方法 > WEBフォントのちらつき回避ワザのご紹介!

Mighty Ace Blog

マイティーBlog

対策方法

2021.03.29

WEBフォントのちらつき回避ワザのご紹介!

ユーザーの閲覧環境に寄らず、様々な表現が可能になるWebフォント。

ただし、サイトの読み込み時にデータ容量の大きさから完全に読み込まれるまでに時間がかかり、Webフォントが適用される前の状態が先に表示されることも。

そこで今回はWebフォントの読み込み完了までに起きるちらつき回避の小技をご紹介します!

 

難しい設定不要!これをCssに記述するだけ

html {
visibility: hidden;
}
html.wf-active {
visibility: visible;
}

簡単に言うと、Webフォントの読み込みが完了してから画面を表示するという事です。

「.wf-active 」はWebフォントが読み込み完了した際に付与されるclassです。

ただし、上記の記述はWebフォントが読み込まれるまでサイトが表示されないので、ロード時間が長いとサイト自体が表示されるまでに時間がかかってしまいます。

ロード中はアニメーションを表示するなど、別の気遣いも必要になってしまうので注意しましょう。

 

 

この記事に関連するタグ

正しい効果測定は、正しい計測設定から!Googleアナリティクス設定項目チェックシート(無料)

正しい効果測定は、正しい計測設定から!Googleアナリティクス設定項目チェックシート(無料)

Googleアナリティクスは、適切な初期設定を行って初めて、解析に役立つデータを計測できます。 正しい効果測定を行う上で、必要な設定項目のチェックシートをご用意しました。

Googleアナリティクス,アクセス解析でWeb集客分析・改善なら福岡のマイティーエース

リスティング・Googleアナリティクス・ホームページ・ランディングページなど
Webマーケティングのことなら何でもご相談ください

株式会社マイティーエースでは、様々なWeb広告・Webマーケティングなど
お客様に合ったご提案しています。
興味をお持ちいただけた方は、まずは気軽にご相談ください。

あわせて読みたい人気の記事

よく見られている記事

最新記事

BLOG MENU

株式会社マイティーエースのSNSもチェックしてみてください

Copyright (c)2014-2020 MightyAce, inc. All Right Reserved.