マイティーBlog|リスティング広告やWEBマーケティング情報

トップページ ブログ > デザイン > チェックボックスをクリックで送信ボタンを有効にする!

Mighty Ace Blog

マイティーBlog

デザイン

2021.09.04

チェックボックスをクリックで送信ボタンを有効にする!

お問い合わせフォームなどでよく使う、同意にチェックを入れないと

送信ボタンが押せないようにする処理の実装方法です。

 

まずは基本のHTMLから

・確認のチェックボックス

<label class="check"><input type="checkbox" name="agree" value="agreement"><span class="bold">同意しました。</span></label>

・送信ボタン

<input type="submit" name="submit" id="submit" value="確認画面へ進む">

次にJavaScript

document.addEventListener('DOMContentLoaded', function (event) {
const targetButton = document.getElementById('submit');
const triggerCheckbox = document.querySelector('input[name="agree"]');

targetButton.disabled = true;
targetButton.classList.add('is-inactive');

triggerCheckbox.addEventListener('change', function () {
if (this.checked) {
targetButton.disabled = false;
targetButton.classList.remove('is-inactive');
targetButton.classList.add('is-active');
} else {
targetButton.disabled = true;
targetButton.classList.remove('is-active');
targetButton.classList.add('is-inactive');
}
}, false);
}, false);

JSの仕組み

2行目、3行目で変数を用いチェックボックスと送信ボタンを取得。

4、5行目で送信ボタンのinputに対し無効化するdisabledを設定し、

有効・無効時とでスタイルを変えられるよう

is-inactiveのクラス名を追加します。

 

6行目以降で、thisにチェックボックスが格納されているので

thisがcheckedになっているかいないかで条件分岐をさせます。

この条件分岐によって

チェックされていればis-inactiveを削除してis-activeのスタイルを適応し、disabledを無効に

チェックされていなければis-activeを削除してis-inactiveのスタイルを適応し、disabledを有効にしています。

 

ぜひお試しください!

この記事に関連するタグ

正しい効果測定は、正しい計測設定から!Googleアナリティクス設定項目チェックシート(無料)

正しい効果測定は、正しい計測設定から!Googleアナリティクス設定項目チェックシート(無料)

Googleアナリティクスは、適切な初期設定を行って初めて、解析に役立つデータを計測できます。 正しい効果測定を行う上で、必要な設定項目のチェックシートをご用意しました。

Googleアナリティクス,アクセス解析でWeb集客分析・改善なら福岡のマイティーエース

リスティング・Googleアナリティクス・ホームページ・ランディングページなど
Webマーケティングのことなら何でもご相談ください

株式会社マイティーエースでは、様々なWeb広告・Webマーケティングなど
お客様に合ったご提案しています。
興味をお持ちいただけた方は、まずは気軽にご相談ください。

あわせて読みたい人気の記事

よく見られている記事

最新記事

BLOG MENU

株式会社マイティーエースのSNSもチェックしてみてください

Copyright (c)2014-2020 MightyAce, inc. All Right Reserved.