マイティーBlog|リスティング広告やWEBマーケティング情報

トップページ ブログ > デザイン > Photoshopで文字の印象を変えよう!

Mighty Ace Blog

マイティーBlog

デザイン

2020.07.14

Photoshopで文字の印象を変えよう!

 

早速ですが、まずは下の画像を見てください。

右と左の画像、どちらが秋っぽさを感じるでしょうか?

恐らく大半の方が右の画像を選ぶと思います。

このようにフォントや色・効果で、もたらす印象を相手にわかりやすく伝えることはデザインすることにおいて重要です。

今回は文字を装飾して、相手に印象を伝えやすい文字を発表したいと思います。

 

質感の印象

上の画像はPhotoshopの「ベベルとエンボス効果」を使って立体感を出し、質感を表現しています。

固い印象を持たせたいときは角ばったデザインフォントを使い、表面にテクスチャを張り付けると固さを表現できます。

柔らかい印象を持たせたいときは、丸ゴシックなどの丸みを帯びたフォントを使い、暖色を使うと柔らかく見えます。

 

温度の印象

暑さを表現する際は太陽をイメージしたグラデーションが効果的です。

寒さを表現する際は明朝体で青を基調にし、雪の結晶など散らすと大体それっぽくなります。

熱を表現する際は、炎のような光を再現するとそれっぽくなります。

冷たい表現は、氷のような角ばったフォントに光彩を内側にかけノイズを加えると氷のようになります。

 

まとめ

Photoshopではグラデーション、テクスチャのほかにも様々な効果があり、ぼかしやノイズの増減などで様々な表現が出来ます。

伝えたい相手にダイレクトに分かりやすく伝えることは、広告を作る際において最も重要なことなので、

一目でわかるデザインを作れるようになりましょう!

この記事に関連するタグ

正しい効果測定は、正しい計測設定から!Googleアナリティクス設定項目チェックシート(無料)

正しい効果測定は、正しい計測設定から!Googleアナリティクス設定項目チェックシート(無料)

Googleアナリティクスは、適切な初期設定を行って初めて、解析に役立つデータを計測できます。 正しい効果測定を行う上で、必要な設定項目のチェックシートをご用意しました。

Googleアナリティクス,アクセス解析でWeb集客分析・改善なら福岡のマイティーエース

リスティング・Googleアナリティクス・ホームページ・ランディングページなど
Webマーケティングのことなら何でもご相談ください

株式会社マイティーエースでは、様々なWeb広告・Webマーケティングなど
お客様に合ったご提案しています。
興味をお持ちいただけた方は、まずは気軽にご相談ください。

あわせて読みたい人気の記事

よく見られている記事

最新記事

BLOG MENU

株式会社マイティーエースのSNSもチェックしてみてください

Copyright (c)2014-2020 MightyAce, inc. All Right Reserved.